邪道なお薬の摂取方法??

| コメント(0) | トラックバック(0)

僕が初めて自分で注射をした場所は左手の甲、皮下注射でした。
当時は炙りのみ、突きに興味はあるけどやり方もわからんし、血管に針なんか
刺して、血が止まらんかったらヤバイやん...て思っていた。

その当時の仕入れ先の人から
『シャブの記念にあげるわ(笑)』と、
そんなよくわからない理由で、記念にオレペンを頂戴した。

僕は貧乏性っていうかセコいので、頂いた注射器を捨てずにいた。
使う予定は無かった...試してみたい気持ちは...そら、ちょびっとは
ありました。

そんなおり、シャブ記念に注射器をプレゼントしてくれた人が、二泊三日の
旅行に出掛けた。
旅行から戻った日に、二グラム四万円で卸してくれる約束をしていたので
ワクワクしながらその日を待っていた。

ところが、その人が旅行先でパクられ...もとい拘留され、二泊三日の旅行は
大幅に延長となった。

人づてにその話を聞いたとき、僕の手元にあったのは0.1グラム無いぐらいの
シャブと新品のオレペン...。

僅かなシャブを炙りで使っても、満足な効果は期待できそうにない。
次の仕入れは無くなった..とその時は思った。
それと同時に、注射器を使う口実が生まれた、と気づいてしまった(笑)。

どこかで読んだ本に、注射だと炙りより効果が強くなる...と書いてあった。

...でも血管は恐い。
どこなら痛くなさそうか?
根性焼きは手の甲にしたなぁ...たいして痛みも無かったなぁ..とアホなことを
思いだし、手の甲の火傷の痕に刺してみた。

痛かった(泣)。

注入するともっと痛かった(笑)。

つづきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://svahadevie.com/mt/mt-tb.cgi/61

コメントする

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 5.2.13