正司?

| コメント(0) | トラックバック(0)

正司

僕のブログでケミカルトレッキングに登場する後輩。
僕がシャブ狂いしている時代の前半、
厳密に言えばそのうちの二年ほどの間、
一週間に二から三回くらい一緒に山へいってくれてた相棒。

彼は酒を飲めない、大麻吸わない、シャブはしない。
実はミュージシャンで、彼が運転していたハイエースは
バンドの機材車でもあった。

彼と僕との繋がりは中学が同じだが、正司は僕より十歳若いので
学生時代など互いに知らない。

僕がアルバイトしてた若者が集う店に、
僕の次の後釜(雇われ店長)として現れた。
正司が単なる客だったころ、彼は僕のことを
『チンピラ店長』だと思っていたらしい。

僕はその店(チェーン店)に就職できなくて、
そんな折りに先輩に害虫駆除の会社に誘われ退職した。
その後、僕が飾っていた
『大麻が好きそうな人が施したような店内の装飾』を一掃し、
妖しげなクラブみたいなバーは
映画『時計仕掛けのオレンジ』のラウンジみたいに様変わりした。

一ヶ月くらい一緒に働いたが、僕が無断で生ビールを
勤務時間中も飲みまくるので、彼は内心一緒に働きにくかったらしい。

僕はそのころ、シャブはあんまり手を出さず
月に何度か大麻を仕入れて吸ったり、
合法ドラッグのハシリである研究用試薬なんかで遊んでた。
たまに店のオーナーも悪い遊びに参加するという、
極めて気楽な職場だった。

当時は僕は正司が信用できなかった(お互いに)ので、
薬物を直接勧めることはなかったが、
僕が妖しげなものを使っていることは知っていた...が、
知らん降りしてくれていた。

そうしたことが、僕がシャブにドはまりした頃...
その店を止めて三年近くたってから
遊びにゆくようになったことに繋がる。


フラりと店に顔を出した夜のことはアメブロに過去に書いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://svahadevie.com/mt/mt-tb.cgi/529

コメントする

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 5.2.13