白痴の境涯

| コメント(4) | トラックバック(0)

善人でも悪人でもなく、
ニュートラルであろうとする自覚がある。

だけどちょっとした意識の箍(タガ)を、
外すことで悪になる。

それは薬物を使うことで自分を狂気に浸し、
常軌を逸することに楽しみを覚える。


一度覚えた狂気は、シラフの精神を蝕みながら

更なる『白痴の境涯』へと。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://svahadevie.com/mt/mt-tb.cgi/574

コメント(4)

こんにちはー(^^)/
出所して2か月のぽんたです。
逮捕前はよくブログを拝見しました
相変わらずステキな文章をかかれていますね!
またたまに拝見したいと思います☆

そういえば、でびさんのブログ読んでいたという人に何人もあいましたよ笑

その中でも、でびさんと何度もコメントのやりとりをしている人がいましたw

その方は弁当もちだったので、まだ1年くらい先だと思います。
でびさんによろしくと言っていました。
横浜の方です、わかるかなー


ところで、刑務所は僕にとってはとても人生経験になりました。
シャブはある意味で素晴らしいですが
やはり、最後は堕落ですね!

でも真の堕落を知るということは
その反対の悟りの世界に通ずるということ

いまは少し意味が分かる気がします。

では、すてきなブログを楽しみにしておりますね!

すいません、言い忘れました。

出所したら、でびさんに言おうと思っていたことです。

刑務所でいろいろ本を読みました。

素晴らしい本にもたくさん出合いました。

そして

でびさんの文章に宿るエネルギーですが

すごい作家の人たちと全然引けを取らないです

むしろ、文章力に長けている偉い人たちよりも

得体のしれないリアリティーと力があると感じます。

なので

作家として、多くの人になにかを伝えるべきだと思います。

小説を書いてほしいです。

というか、書くべきだと思います。

突然、こんなこと言ってすみません

でも、どうしても伝えようと思っていたことなので


ではでは、これからもブログを楽しみにしていますね!

コメントする

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 5.2.13