月夜の記憶の最近のブログ記事

善人でも悪人でもなく、
ニュートラルであろうとする自覚がある。

だけどちょっとした意識の箍(タガ)を、
外すことで悪になる。

それは薬物を使うことで自分を狂気に浸し、
常軌を逸することに楽しみを覚える。


一度覚えた狂気は、シラフの精神を蝕みながら

更なる『白痴の境涯』へと。


僕がシャブ中だった頃の出来事。 

当時僕は覚醒剤でパキパキになりケダモノじみたセックスを
堪能したあと、持て余すムラムラとしたパワーを発散するべく、
夜は山へ行った。
 
その日も、別に特別なことはなく自宅でキメたあと、
後輩の正司を電話で呼び出して彼が運転するハイエースに乗って
いつものように気まぐれに山道を走り、茨木市の車作から
高槻市の萩谷まで通る林道に着いた。 

時間は深夜の一時を回ったころ、そろそろネタを追いたいと思い、
車を運転する正司に

『適当なとこでいっぺん車止めてくれへんか?』

そうお願いし、丁度萩谷へ向かう林道の真ん中辺りにある車の
駐車スペースに着いた。

僕は助手席から、窓ガラスがフルスモークになった後部座席に移り、
シャブキット一式の入ったポーチを取り出し、静脈注射の準備に
取りかかった。

追い突きなのでネタはさほど多くは入れていない。

準備を終えると早速左腕の袖を捲り上げて、腕の外側...肘から手首を
走る太く長い静脈を狙った。

注射針は一度で血管を捉えた。
押し棒を引くと、シリンジに自分の赤黒い血が吸い上げられる。
いつものように、一度の引きで一センチ程血を吸い上げて、血でネタを溶かす。
今度はそれを半分程血管に押し入れ、一呼吸置いて再度血を吸い上げる...。

当たり前のように、血管の中をシャブが流れる感じを味わう。
そうしてなるべく落ち着いて呼吸をすると、身体中の血が下に
落ちるような錯覚がおこり、二度目に押し入れるときには頭が痺れる
感触がある。

すると..何故だかいつもとは異なり目がチカチカする。
それに伴い遠くから何かの音が響いてきた。


...ジャン、シャンシャカ...ジャン!...シャンシャカ...ジャン!
耳で聞こえるというより頭に響くという感触。

作用が効いてプルプル震える手でシリンジの全てを静脈に注ぎ込んだ。
血管から針を抜く際、針を少し引くのに合わせ腕を上手く力ませると、
針が抜けても血液は漏れない。

そうしながら、視線は針先と血管を見るのだが、視界は赤や緑に点滅する
ようになり、針を抜いた瞬間には頭の中で
ジャン!シャンシャカ!ジャン...と音が響き渡り、

その刹那、
窓の外から強烈な視線を感じて目を移すと、
林道沿いの山の茂みが、まるで段々畑のように五段ほどに帯状に分かれ、
一番下を右から左に何かが走り抜け、その上の段は左から右に緩やかに
植物が流れて、またその上は右から左と、それぞれの段差が互い違いに
チカチカと赤緑に点滅しながら動いている。 
そうして、一番上の段は山の木立と茂みに覆われているが、そこから
物凄く強い視線を感じた。

『それ』は、ザックザックと音を立てて左から右に、
木立の影を行くのが見える、影になってハッキリと姿は見えない。

一番下、車の窓のそばを右から左にイタチのような手長猿のようなものが
テケテケと走り抜ける、僕はなぜだか目を反らせない。
それらは全て痛いくらいにこっちを凝視してるのが分かる。

ジャン、シャンシャカ!、ジャン!
音は割れんばかりになる。

その時正司が
『山の上!なんか走った!』
と驚いた声をあげた。

僕はハッとして、車のなかで後部座席から助手席に移動しようと
『正司!どこや、なにや!?』

フロントガラスから真っ暗闇の山の茂みを何かを探すように
見渡しながら聞いた。

『わかりません、デカかったです...』

その時にはシャンシャカいう変な音は遠のいていた、
目のチカチカはゆっくりと続いていたが。

僕一人でシャブの幻覚だと思い、強い視線を感じながらチラリとしか
山の茂みを見なかったのだが...。

正司の大きな声で意識が冴えたが、突いたあとすぐは
何だかボンヤリして迫り来る音と目の前を右から左に走るイタチのような
変な生き物に目を奪われていた。


今思い返しても、その出来事は印象的だった。

ただ僕はシャブの幻覚とリアルな何かが混ざり合った
得体の知れない『それ』が不気味だった。

その後、助手席に車のなかで移動し、念のため抜き身の包丁を手に
外を確認したが、もう視線の感触も音も消えていた。
正司に突いてる最中に感じた『それ』の話をすると、

『幻覚じゃないですよ!何かいましたよ、絶対!』

そんな風に言っていた。
それで二人で冷や汗をかいて山を降りた。


そろそろ、
アメーバブログの『愛と幻想の薬物』を止めようかと思っています。
理由としては、現役バリバリのポン中を維持してたなら、
色々とけったいな出来事や、
他のドラッグの話とか
薬物依存とかにまつわる雑談なんかに
花もさくだろうけど、
まれに、パウダーを使うこともあるにはあるけど、特筆することはない。
別に面白いことも起きない。
高い金出して仕入れても、馬鹿馬鹿しいことに超グリグリになって、
『これがバレたらマズイ、とにかくすぐに使い果たさないと安心できない』
という、自分で仕入れておいて、手元にあると逮捕の恐怖から楽しくない。


本当はシャブのほうが手に入れやすいわけだが、
いちばん肝心な静脈注射が成功しそうな血管が見当たらない。
マジで(泣)。

これではどんな惨事になり嫌な気分になるのか目に見えてわかる。

入らない、
時間経つ、
仕方なしに皮下注射、
つまらない、
で炙る、
だけど注射が成功しないから物足りなく感じて、
無駄に炙りまくり数時間で一グラム使い果たす...。
残念な気持ちになるうえに、しばらくのあいだ職務質問が恐くなる。

あれほど素敵な輝きで蠱惑にくるめいた覚醒剤の感覚はたぶんもう消えた。

なんにも楽しくない。


だから薬物ブログを読もうとした人が僕のブログに行き当たったのに、
内容が薬物ではなく、釣りの話やダメ親父の愚痴みたいな内容だと、まったくムカつくだろう。

書けるはなしはまだあるにはあるのだが、内容が犯罪行為なので、過去ではない現在進行形の話を書いて、
危険な人たちに追い込まれたり、警察に任意同行させられたりするのは、
読んでる人は
『アホやこいつ!』
と笑えても、書いてる僕の身が危うくなるだけだ。

薬物話を提供しないなら、もうブログを更新しても仕方ない。

個人的な日記を書きたいならば、別のアカウントの別のブログで書けばいい。

たから
愛と幻想の薬物の続きをかくのは、
今ではなく、何年か経って書きたければ書けばいい。


それより...
今後僕が文章を書く理由がなくなりつつあるので、

禰彌(でび)という文筆家気取りの素人は、この自己満足を精一杯の成果だと受け入れることが潔い。

ありがとうございました、
何にもないと諦めてた末路に、
素敵な夢に酔えました。


日課として記事を書くことで
自分への理解が深まり、社会復帰への足掛かりとするリハビリになりました。

ブログを書いて読んでもらえて応援して下さり、親切にしていただき、お世話になりました。


楽しかったです♪


禰彌


セッティング

よくモノの本に、大麻やアシッドなんかをするときは
セッティングが大切だと書かれてある。

まだ二十代も半ばだった僕はたいした薬物経験も無く
そうしたモノの本に書かれている事を直球ストレートで
信じ込み、大麻を吸うときは部屋の明かりを薄暗くし
間接照明を青くしたり、裸電球でオレンジっぽくしたり
当時の僕の住んでた部屋は、今の嫁さんが借りたアパートだったのだけど、
部屋の飾り付けなんかはすっかり僕の趣味だった。
民族雑貨店みたいに、エスニックな柄の布を壁に掛けて
部屋も小綺麗だった。

インドの神様ガネーシャの立像の香炉があり、壁にはインドネシアの
神鳥ガルーダなんかの仮面を飾っていた。

その状態なので、アジアンな音楽(タルヴィンシンとか、ナジマとか)を流し、
白檀とストロベリーのお香を焚いて
雑貨屋で購入した水パイプでブリっとキメていた。
週に一度くらい大麻やキノコ、幻覚系の試薬なんかを
楽しんでいた。

最初の頃はいつも良い感じで、ちょっとした精神旅行に
でかけていた。
草を吸うと腹が空くとかいうので、よくお菓子なんかを
大皿に盛り付けていたりしたのだが、僕はほとんど食べなかった。
食べると効果が弱まるような気がしたからだ。

飲み物はいつもビールとフルーツオレ(笑)。

大抵いい感じでキマると僕は外出したくなり、実際草でブリっては、
シラフの嫁さんが僕の保護者みたいになって近所の河川敷を散歩していた。

シャブ中になってからは、草は吸わなくなった。
シャブのほうが楽しかったからだ(笑)。

でもシャブは最初の頃は自宅に籠りがちだったが、
社会からドロップアウトし、朝から朝までキマリっぱなしになってからは、
山へゆくようになった。

シャブと草の組み合わせはあんまり僕は好きじゃなかった。
クロニックっていう銘柄のマリファナはシャブと相性が良い印象だった。

でも草やキノコは段々とバッドに嵌まる癖ができてしまい、それ以来草は
吸わなくなった。

シャブの色々?

『メタンフェタミン』と一括りにいってもWikipediaか何かによると、
四種類に大きく分別されるそうです。
光学異性体?とかいう区分かなにか...
今回はケミカル苦手な僕が適当な理解と知ったかぶりで書いているので
間違いだらけかも‥です。

・αメタンフェタミン
・α´メタンフェタミン
・βメタンフェタミン
・β´メタンフェタミン

だとかなんとか...。
問題なのは、同じようにメタンフェタミン即ちシャブであるのは間違い
ないが、ユーザーが求めるところの効きには大差があるそうです。

四種のうち一つは極上があるそうで、残念?なことに、本物であるにも
関わらず一つはクソネタらしい...です。

これは個人との相性ではないそうです。
かなり以前に薬学の論文をインターネットで見つけたときに書かれてあった
情報なので、ガセではないハズです。
ソースを希望の方は自分で探してください。
いまはもう、そんな記事を探す必要が僕にはありませんので(笑)。

効き云々で関連した話だと、とある密売人から聞いた事の一つに、通称
アンナカ(安息香酸ナトリウム?)は、人間用のアンナカはたいした効果は
なく、馬用のアンナカが下ネタに最適!!との話がありました。

馬用って...オイ(笑)


シャブの色々?

一時、シャブに商品名がついていた事があった。ヒロポンではございません。

僕が覚せい剤にハマり始めた頃に流行っていたのは
『月下美人』
がありました。
この商品名は一時、大阪では結構普及していたようでしたが、ある女の子のプッシャーが言うには、殆どが偽物だと。
...その女の子は僕に色は何色でした?
と尋ねられて『『白でした』と答えると、本物は黄ネタだということだった。
そもそも、あるネタに月下美人と名付けたのは、その女の子の友人と言っていた。
ことの真偽はわからないけれど、少なくとも当時のシャブは良質であったのは間違いなかったです。
ほかに『上海美人』とかいうのもありましたが、こちらは本物も偽物も仕入れたことがないので、どんなものか知りません。

ちなみに月下美人は中国産...とある兄弟が、彼の地にて『メタンフェタミン密造工場』を作り、そこで生産している...と噂で聞きました。
とすると、中国で死刑になりニュースで取り上げられていた方かも...です。

巷では国内の品物は全て北朝鮮産とかいうデマがまことしやかに流れていた頃でした。

あとは『ピンクパンサー』なるピンクネタもありましたね。
光のあたる角度でピンクに見えるとかいうやつですが、内容は特筆するほどではなかったです、偽物かもしれませんが(笑)


覚醒剤の形状というと、よく白い粉と表現されることが多いように思います。

僕が実際に見た...乱用したなかでは、白い粉末の品物など殆ど無かった。
大抵はガラスの破片みたいな所謂『縦割れ』や、岩塩や方解石みたいな所謂
『ガンコロ』、あとは『味つけ』された『濡れネタ』や、稀にふんわりという
のか、綿菓子?みたいなネタ...雪ネタとは違うのかな?がありました。

色も透明や、すりガラスみたいな半透明、黄色などが多かったけど、西成で一度
飴色のネタもありました。
その飴色のネタを扱っていたのは足元見てくる売人で、一万円で相場では0.3
グラムなのに、0.2グラムしかない。
そのうえ
『1グラムでは?』と尋ねたら
『五個と同じ10万』と、宣(のたま)いやがった。
あまりに足元見られてムカついたけど、その飴色のネタ自体の味...効きは
良かった。
あのオッサンは好かんけど品物は良かったな(笑)。

シャブの形状は、製法や炊き直しといった製造工程の違いや、使用する薬品の
成分や純度、温度やらなんやらの面倒くさい作業の違いから、市場に出る?商品
化された最終的な形状に違いが生まれるのかな?
と思います。

ケミカルに詳しくないので、あてずっぽですが(笑)。

つづく


実は何をキッカケとして静脈注射を試みたのかは覚えていない。
たぶん記念にオレペンをくれた人の次に出会った逢坂さん(仮名)という
品物屋さんに血管に刺すほうが痛くないと聞いて試したのだろう。

某有名掲示板の薬板にあった『正しい静脈注射の方法』かなにかの
書き込みを参考にして実践したように思う。

静脈注射をしてみて何が驚いたのかと言えば、効きの早さだった...。

お約束ですが...念のために
間違っても真似しないで下さい。
素人が医療目的以外で、皮下注射であれ静脈注射であれ、いずれも
するものではないです。

僕の腕と足には未だに注射痕が多数、消えずに残っています。
五年目くらいまでは痕も残らず、血管も太く、針で突いても逃げることも
殆どなく済んでいました。

しかし覚醒剤依存症になると、毎日何度となく突きます。
それは量が増えるからというよりも、血管が逃げるため仕方なくでもあり
ます。

一度の摂取で、自分が望むようにネタが入るまで、何度となく皮膚に針を
刺します。
素人ゆえに身体の様々な場所で試みるようになりました。

腕、手首、指、手の甲、上腕、太もも、足首、ふくらはぎ、膝、すね、
足の甲、首、こめかみ、手のひら...。

経験者からの忠告です、後遺症がでます。
するならするで程ほどに。
しないに越したことはない。


僕が初めて自分で注射をした場所は左手の甲、皮下注射でした。
当時は炙りのみ、突きに興味はあるけどやり方もわからんし、血管に針なんか
刺して、血が止まらんかったらヤバイやん...て思っていた。

その当時の仕入れ先の人から
『シャブの記念にあげるわ(笑)』と、
そんなよくわからない理由で、記念にオレペンを頂戴した。

僕は貧乏性っていうかセコいので、頂いた注射器を捨てずにいた。
使う予定は無かった...試してみたい気持ちは...そら、ちょびっとは
ありました。

そんなおり、シャブ記念に注射器をプレゼントしてくれた人が、二泊三日の
旅行に出掛けた。
旅行から戻った日に、二グラム四万円で卸してくれる約束をしていたので
ワクワクしながらその日を待っていた。

ところが、その人が旅行先でパクられ...もとい拘留され、二泊三日の旅行は
大幅に延長となった。

人づてにその話を聞いたとき、僕の手元にあったのは0.1グラム無いぐらいの
シャブと新品のオレペン...。

僅かなシャブを炙りで使っても、満足な効果は期待できそうにない。
次の仕入れは無くなった..とその時は思った。
それと同時に、注射器を使う口実が生まれた、と気づいてしまった(笑)。

どこかで読んだ本に、注射だと炙りより効果が強くなる...と書いてあった。

...でも血管は恐い。
どこなら痛くなさそうか?
根性焼きは手の甲にしたなぁ...たいして痛みも無かったなぁ..とアホなことを
思いだし、手の甲の火傷の痕に刺してみた。

痛かった(泣)。

注入するともっと痛かった(笑)。

つづきます。

シャブにハマった生活の中で得られたもの
...ひとときの快楽、内省的な感傷、シャブを知らない人と異なる視点
シャブにハマった経験、今の生活。

シャブにハマって失ったもの
...費やした金、歯、有り余る希望(笑)、シャブを知らない人の視点、
まっとうな生活、塵芥の...。

そんなことを足りない頭で考えても、前向きな答えや建設的な行動には
行き当たらない、と思う。遣ったお金は働いて取り戻せるかもしれない。

シャブと関わって、得をするひともいるかも知れない、けれど万人にとっては
そうではないと思う。
もしも合法だとしても、殆どの人間には有害だろうと思う。

シャブ中の時からそう感じていた。

だから逮捕されたとき
さよなら覚醒剤...と思った。
というか移送中にまどろみながら呟いた。

逮捕という青天の霹靂から逃れたいという感情でナルシスが働いた。
現実逃避だ。

シャブのせいで取り返しのつかない現実に、行き当たったひともいるだろう。


どこかのポン中が、僕のブログを読んで、シャブと向き合う機会になれば。

それはおどろきと、よろこび。